スマートに持ち歩けるl字ファスナー長財布の魅力とは

お札や小銭入れだけでなく、たくさんのカードやクーポン券などを入れられる長財布はとても使い勝手がよく人気があります。その中でもかさばりにくく、バッグやポケットなどに入れてもフラットに持ち歩けるl字タイプのものは、近年非常に需要が高まってきています。お札を曲げずに収納できるようになっているのも嬉しいポイントです。
ラウンドファスナータイプに比べて、コーナー一つ分開け口が短くなっている分、会計もスマートに行うことができます。収納力に優れているだけでなく、機能性の良さが魅力の一つです。様々な有名ブランドからも新商品が続々と登場してきており、素敵なデザインのものも増えてきていますので、普段の買い物スタイルに合わせて素材などにもこだわって選ぶといいでしょう。

厚みが出にくいのには構造に秘密が

同じような形状のものと比べて、l字ファスナーの方が薄くてフラットになっているのには、構造に秘密があります。このタイプの多くは小銭入れの部分に留め具が使われていません。そのため、留め具の分、厚みが軽減されているのです。金属類が少ないので、ポケットに入れて持ち歩いても痛くなりにくいという特徴があります。
小銭部分に留め具がないということは、一度財布を開けるだけで、お札・小銭・カード類が一望できるということです。中身が見えやすいだけでなく、時間の軽減にもつながります。
薄い分、収納力に欠けるイメージを抱いている方も少なくありませんが、普通の長財布と同等の収納力があるので、カードやクーポン券などをたくさん使い分けている方でも安心して使用することができます。

使われている素材で選ぶポイントとは

財布は非常に様々な素材で作られており、使いやすさや手触りなどが異なります。例えば、布製のものは汚れても洗えるというメリットがあり、価格も比較的安いので入手しやすいタイプです。素材が柔らかいので、ぬくもりのあるやさしい印象を与えてくれます。
エナメル製のものは艶が美しく、水気や汚れに強いという特賞があります。ただし他の商品の素材によっては色が移ることもありますので、同じバッグの中に入れておくグッズには注意が必要です。
最も人気が高いのはやはり本革製のものです。非常に高級感があり、しっとりと手に吸い付くような手触りが魅力的です。丈夫で長持ちしやすいので、大事に使えば10年20年と愛用することも可能です。革用のワックスで定期的にメンテナンスを行ってあげれば、経年による色の変化を楽しむこともできます。