スマートに持ち運ぶにはl字ファスナー長財布がおすすめ

普段日常的に使用するものですので、財布にはこだわっているという方も多いことでしょう。
素材や形状にも様々なものがありますが、中身をたくさん入れられ、カードや領収書などをきちんと整理することが出来る長財布タイプは特に人気があります。
その中でも特にかさばりにくくフラットに持ち運べるのがl字ファスナータイプです。
収納力も優れている上に、作り自体が非常にシンプルになっているので他の形状のものよりも厚みが薄くポケットなどにも入れられるのが魅力的です。
バッグに入れていてもかさばりにくいので薄めのクラッチバッグなどにも入れられるようになっています。
周囲をしっかり包み込んでくれるので、落としてしまった衝撃でうっかり小銭などが飛び出してしまうのを防いでくれます。

どうして他の財布に比べて厚みが出にくいのか?

l字ファスナータイプの長財布が他の財布に比べて厚みが出にくいのには、小銭入れの部分に留め具が付いていない仕様になっているからです。
留め具に必要な金具類やフラップなどが付いていない分、薄くなっているのです。
一度財布を開いてしまえば、ワンステップでお札、小銭、カードが一望できるようになっていますので、会計も非常にスムーズに行うことが出来ます。
薄いと中身が取り出しにくいイメージがありますが、マチがジャバラ状になっているので、一度開けば口が大きく広がるようになっています。
片側だけにマチがついているものもあれば、両側にマチがついているもの、マチの深さなどは商品によってそれぞれ異なりますので、使い勝手が気になる方は実際の商品を手にとってチェックしてみるのがおすすめです。

財布は素材選びも大切なポイント

しょっちゅう使用するものですので、財布は素材にもこだわって選びたいものです。
布製のものは手触りが柔らかく、万が一汚れてしまっても洗うことが出来るというメリットがあります。ただ水濡れには弱いので、防水スプレーなどをしようしておくといいでしょう。
女性に人気のエナメル製はツヤが美しく、水濡れに強いという特徴があります。他のアイテムと長時間くっついていると色移りなどの可能性がありますので、同じバッグに入れる物には注意が必要です。
最も人気なのは本革製のもので、しっとりとした手触りがあり、丈夫で長く使えるというメリットがあります。
高級感もあるのでプレゼントにも最適です。
より長く使うためには定期的なメンテナンスも必要です。革製のワックスを使って手入れをすると経年による色の変化などを楽しめるようになるのでおすすめです。

コメントは受け付けていません。